入局案内

先輩からのメッセージ

平野勉
糖尿病・代謝・内分泌内科の特色は臨床と基礎研究のバランスが良いことと自負しています。学会発表、論文作成が盛んで医局員の多くは大学院に進み、学位を取得しています。昭和大学は医系総合大学です。医学部、薬学部、歯学部、保健医療学部があり、お互いの垣根を越えて連携しています。現在アディポネクチンを発見した薬学部の中野教授、酸化LDLの測定を開発した薬学部の板部教授、免疫学のエキスパートである歯学部の桑田教授らと共同研究をしています。当科は動脈硬化の研究で最先端を走っています。
福井智康
非常に雰囲気が良く、昭和大学の卒業生以外の先生の入局が多いことが特徴です。国内外の学会にも積極的に参加しております。宜しくお願いします。興味のある先生はいつでもご連絡ください。
高橋育克
当科の対象疾患は糖尿病・脂質代謝異常だけではありません。人間の活動の根源の一つである内分泌の異常である各種疾患も大切です。急性副腎不全、バセドウ病、下垂体疾患、低Na血症の鑑別など、経験を積むことによって十分な理解と治療ができるようになります。理解できないこと、わからないことなど十分にサポートします。「やれば面白い、わかれば面白い」です。
林俊行
糖尿病の領域は新薬の登場により、治療薬の選択や組み合わせがさまざまです。さらに患者数の増加とともに、細小血管や大血管合併症だけでなく骨粗鬆症や歯周病、認知症など、糖尿病に関連した合併症も今後さらなる増加が予想されています。患者さんの個々に合った治療薬の選択や検査が求められ、今後さらに糖尿病専門医の重要性は増していきます。ぜひ一度、医局の雰囲気や周辺環境の確認のためにも見学会にお越しください。
山本剛史
糖尿病診療には多臓器の合併症の管理も含めて全身に注意を払う必要があります。また、長い闘病生活を患者さんと共に勝ち抜く信念と忍耐が重要です。なんて、難しいことを書きましたが、要は糖尿病を制する者は内科を制するということです。皆さんも一緒にチャンピオンを目指しませんか?
長嶋理晴
当科は旧第一内科から6年前に独立した新しい科です。そのため医員もみな若く、古いしがらみなどがない職場を目指し医局を作り上げてきました。現在それは実現しつつあると感じています。また、とかく臨床に偏りがちな私立大学の医局にあって基礎研究においても最先端を走っています。臨床の技能をキープしながら基礎研究にも希望があれば関われる環境があるのは全国探しても当科だけだと思います。幅広い選択肢を提供できますので、ぜひ私たちと一緒に仕事をしましょう。
長村杏奈
当科で扱う疾患は患者さんと長くおつきあいをしていくことが必要です。派手な手技や治療が少なく、どちらかというと地味な存在ですが、患者さんの数は大変多くどこの施設でも重要な科となっています。また、女性の先生も広く活躍されている分野です。結婚や出産などのライフイベントの多い女性でも長く続けることができますよ!
小原 信
糖尿病の治療は合併症の発症・進展の予防においてHbA1cの質が問われる時代になっています。当科においては、持続血糖モニターやインスリンポンプ等を用いた最先端の医療や臨床研究を行うことが可能です。興味のある方は是非とも一緒に仕事しましょう。
李相翔
当科は糖尿病・代謝・内分泌を中心に日々診療に当たっています。興味深い症例や診断、治療困難な症例については定期的にカンファレンスを行い、診療・診断技術の研鑽に努めています。また、当科は教育入院から内分泌疾患まで幅広く症例を扱っておりますが、他科からの主に血糖コントロールを目的とした併診依頼も多く、手術のような華やかなイメージはありませんが、縁の下の力持ちとして院内での地位を確立しています。また、糖尿病・代謝・内分泌内科分野の専門家を目指すのみならず、院外出張先も豊富であり、一般臨床内科医としての経験も十分積む事ができますので、幅広い臨床医を目指したい方、専門医を目指したい方は是非ともご一緒しましょう!医局行事も多く、医局員同士の仲の良さでも他院・他科にも負けません!
森田亮
糖尿病、内分泌を中心に日々診療を行っています。これらの分野に興味がある方は気軽にご連絡下さい。
高田道哉
扱う疾患は糖尿病が多いですが、内分泌疾患・甲状腺疾患にも力を入れて取り組んでいます。若いスタッフが多く、仕事はしやすいと思います。興味のある方は是非一緒に仕事をしましょう。
寺﨑紗矢香
当科では通常の臨床業務だけでなく、臨床・基礎研究にも力を入れ積極的に学会発表を行っている活気にあふれている科です。先輩・後輩・コメディカルスタッフの方々とも仲が良く日々協力をしあいながら楽しく仕事をしています。ぜひ一緒に仕事をしましょう。
寺﨑道重
糖尿病・内分泌・甲状腺を中心に診療しています。入局後の出張病院では救急疾患を中心とした内科全般の技術・診療能力を経験することができます。また当科は日常診療に加え、大学病院ならではの基礎研究・臨床研究にも積極的に取り組んでいることも特徴の1つです。興味のある沢山の方々と一緒に仕事が出来ることを願ってます。
友安雅子
糖尿病は、治療をしっかり行っていけば合併症を起こさず人生を楽しむことができる病気です。その患者さんの今後の一生は患者さんの努力、治療、医師と患者さんの信頼関係で決まると思います。その中で私は妊娠糖尿病外来を受け持たせて頂き、妊娠糖尿病になり不安を抱えている妊婦さんが安心して出産に臨めるように努めています。外来、入院を通して、その患者さんに最適の治療法を選択し、信頼関係を築いていけるよう頑張っています。皆さんも血糖の世界へ!
樋口明子
内科医として、また専門性の研鑽に日々はげんでいます。また、大学病院であるため研究もでき、症例検討会にカンファレンスなど学ぶ機会が多いと思います。
見学お待ちしています。
野木孝准
当科は糖尿病・代謝・内分泌内科の科名が示す通り、1型・2型をはじめとした糖尿病や脂質異常症、震災後にフォーカスの当たる機会が多くなった甲状腺疾患やその他の内分泌疾患の検査・治療を行っています。加療内容によっては患者さんのライフスタイルに基づき治療介入をする事や当科で主催している患者会で直に患者さんの疑問や悩みに接する事で、考えさせられる事も多いですが充実した臨床を行っていけるよう努力しています。また臨床研究は勿論の事、糖尿病治療薬の一般的に使用される以外の薬効や機序を、動物を使った基礎実験で研究しています。先輩方からも続々と研究成果が海外の有名誌に掲載され、今後も続々と益々素晴らしい研究成果が出てくる事が期待されています。臨床・研究以外では医局自体のイベントも時節毎に開催され、医局員同士も仲良く先輩や同期・後輩に相談する事や呑みに行く事も間々あります。一緒に仕事したり呑みに行ったりしましょう!同好の士をお待ちしております!!
新村京子
糖尿病・代謝・内分泌内科の医局は若手医師が多く、明るい雰囲気の中で仕事を行っています。大学では糖尿病を中心に入院患者さんの治療、外来業務を行い、出張病院では専門分野以外の一般内科医としての経験も積むことができます。また、多くの医局員が研究に携わっており、臨床以外に基礎系の知識を広げることもできます。一方、他部署のスタッフを含めて医局旅行やお花見など定期的にイベントを開催し息抜きもしています。少しでも興味のある方は是非見学に来てください!
小橋京子
私達の医局は、とても和気あいあいとしています。明るく楽しい同期や後輩達と、優秀で優しい上級医の先生方に教えていただきながら、大変雰囲気の良い環境で仕事をしています。その中で入院患者さんや外来患者さんと長くおつきあいさせていただき、患者さんのQuality of lifeをが少しでも向上したとき、患者さんと共にとても充実感を得ることができます。また臨床研究・基礎研究とも充実しており、大学院や学会など最前線の治療を日々学ぶことができます。納涼会や忘年会などイベントも盛りだくさんですので、是非是非見学にいらして下さい!!お待ちしています!
伊藤利香
私達の医局は、皆仲がよく明るい雰囲気の医局です。私は出身大学も、臨床研修病院も昭和大学とは関連のない病院でしたが、いくつかの病院を見学して、とても働きやすい環境であったため入局を決めました。糖尿病、内分泌疾患はもちろんのこと、関連病院への出張や他科の併診などを通し、内科全般の患者さんとふれあうことができるのも魅力のひとつだと思います。少しでも興味をおもちの方は是非一度見学にいらしてください☆
広村宗範
私は市中病院で初期研修後、当科に入局しました。そのため最初は慣れるのに大変なこともありましたが、現在では先輩医局員の先生方の熱いご指導のもと、とても勉強になり充実した日々です。糖尿病・代謝・内分泌内科に興味がある方は是非一度見学にいらしてください。
富田高臣

代謝内分泌が好きな皆様の力を僕らに下さい。待ってます。

九島秀樹
うちの科は明るい雰囲気の中で臨床、研究とバランスよく学ぶことができます。比較的若い医局員が多く、優しく面倒見のいい先生方ばかりです。ぜひ気軽に見学に来ていただき、一緒に学んでいければと思っています。お待ちしています。
山本咲
私は、他大学の出身で、初期研修を昭和大学で行い、当科に入局しました。元々、糖尿病に興味があり、臨床、研究の面、雰囲気を考慮し、入局を決めました。私はとても恵まれた環境の中で仕事が出来ています。病院の見学はいつでも大歓迎ですので連絡してください。
入局をお考えの方はお気軽にご相談ください
ページトップに戻る