お知らせ

学会情報

第65回日本糖尿病学会年次学術集会

Date:2022年5月15日7:00 AM Category:

第65回日本糖尿病学会年次学術集会が神戸で開催されました。

当科からは下記演題を発表いたしました。

 

エンパグリフロジンは糖尿病による精子の濃度低下と運動障害を改善する:肥満糖尿病モデルマウスにおける検討

〇森 雄作、寺﨑 道重、広村 宗範、斎藤 智美、大坂 直也、八島 広典、小原 信、福井 智康、山岸 昌一

 

2型糖尿病における短期,中期および長期の血糖変動と酸化ストレス及び終末糖化産物の関連の検討

〇小原 信、小川 舞帆、藤川 大輝、高畑 洋、広村 宗範、寺﨑 道重、森 雄作、福井 智康、山岸 昌一

 

終末糖化産物受容体(RAGE)に対するDNAアプタマーは動脈硬化進展を抑制する~動脈硬化モデルマウスによる検討~

〇寺﨑 道重、森 雄作、八島 広典、外川内亜美、松井 孝憲、斎藤 智美、広村 宗範、大坂 直也、藤川 大輝、川上 来知、白神 佳枝、小原 信、福井 智康、山岸 昌一

 

メトホルミンは終末糖化産物と拮抗的にCD36の発現を低下させマウス腹腔マクロファージの泡沫化を抑制する

〇八島 広典、寺﨑 道重、外川内亜美、松井 孝憲、齋藤 智美、森 雄作、大坂 直也、広村 宗範、川上 来知、小原 信、福井 智康、山岸 昌一

 

Glucose-dependent insulinotropic polypeptideは終末糖化産物により惹起されたヒトマクロファージ泡沫化を抑制する

〇川上 来知、寺﨑 道重、八島 広典、外川内亜美、松井 孝憲、森 雄作、斎藤 智美、広村 宗範、大坂 直也、白神 佳枝、小原 信、福井 智康、山岸 昌一

 

当院における糖尿病合併COVID-19患者の予後不良因子に関する検討

〇陶山友里恵、広村 宗範、小原 信、森 雄作、小澤秀太郎、井上 彩、藤川 大輝、福井 智康、山岸 昌一

 

2型糖尿病患者においてPEDFは骨吸収マーカーと関連する

〇長池 弘江、林 俊行、後藤 聡、小原 絢子、山本 剛史、伊藤 康樹、太田 素子、平野 勉、山岸 昌一、松井 孝憲、福井 智康

 

DNAアプタマーを用いた終末糖化産物(AGE)および受容体(RAGE)の阻害は糖尿病合併症を包括的に抑制する

〇外川内亜美、東元祐一郎、松井 孝憲、山岸 昌一

 

色素上皮由来因子は,終末糖化産物(AGEs)により惹起された乳癌細胞の増殖とVEGFおよびMMP-9の発現を抑制する

〇松井 孝憲、靏久士保利、古賀 義法、外川内亜美、八木 実、山岸 昌一

 

川上来知先生

八島広典先生

 

 

皆様、発表お疲れさまでした。

 

第59回日本糖尿病学会関東甲信越地方会

Date:2022年1月22日5:30 PM Category:

第59回日本糖尿病学会関東甲信越地方会(会期:2022年1月22日、横浜)がweb開催され、下記演題を発表しました。

 

糖尿病患者のグルカゴン測定の意義(シンポジウム)

〇福井智康、阿比留教生、山岸昌一

 

糖尿病治療自己中断により高血糖を契機に発症した糖尿病性舞踏病の一例

〇大坂直也、九島秀樹、小川舞帆、藤川大輝、広村宗範、寺崎道重、小原信、森雄作、福井智康、山岸昌一

 

DPP4阻害薬の内服を契機に発症したRS3PE症候群の一例

〇小川舞帆、広村宗範、陶山友里恵、小澤秀太郎、小原信、森雄作、福井智康、山岸昌一

 

アテゾリズマブ投与後に劇症1型糖尿病を発症した一例

〇江波戸彩乃、須田博之、佐藤恵、平田清貴、吉本芽生、斎藤聡子、大沼裕

 

発表者の方々お疲れさまでした。

 

 

 

森准教授が日本抗加齢協会第5回学術フォーラムでYIAを受賞しました。

Date:2021年12月18日7:00 AM Category:

当科の森雄作准教授が日本抗加齢協会第5回学術フォーラム(同時共催:脳血管抗加齢研究会共催第17回学術大会)でYIAを受賞しました。

おめでとうございます!

https://www.ko-karei.com/forum/

 

昭和大学プレスルームにも掲載されております。

https://www.showa-u.ac.jp/news/nid00003939.html

 

山岸教授が、日本抗加齢協会第5回学術フォーラムを 脳心血管抗加齢研究会との共催で開催予定

Date:2021年11月22日7:50 PM Category:

■2021年12月17日大阪

日本抗加齢協会では、日本抗加齢医学会総会とは別個の学術フォーラムを5年前から開催しております。このフォーラムは、企業とアカデミアからの臨床家・研究者が一堂に会し、健康長寿社会の実現に向けて、新しいアイデアと研究成果を発表しあい、意見交換の場を設けることで、日本の高齢者の元気に少しでも貢献したいという思いから立ち上げられたものです。
1年延期となっておりました今年のフォーラムのテーマは、「食と運動のアンチエイジング」とさせていただきました。超高齢社会の中、日頃の食生活習慣を見直すことで、サクセスフル・エイジングを手に入れることが可能になるのではないか、との想いから企画させて頂いたものです。
特別講演では、COVID-19に関してインフルエンザウイルス研究でも著名な東京大学の河岡先生にお話しを頂戴するとともに消費者庁の森田室長にもご登壇頂き、食と免疫についてご討議頂くシンポジウムも企画されています。
本会の準備・運営は、コロナ禍での現状を踏まえ、できるだけ簡素・質素を旨とし、感染症対策に十分に配慮したハイブリッド形式で行われる予定です。
師走のご多用な時期ではございますが、2021年のしめくくりとして多領域からの皆様方のご参加を頂き、活発なご討議を頂戴出来ればと思っております。
末筆ではございますが、皆様方の益々のご繁栄とご健勝を心より祈念し、ご挨拶とさせていただければと存じます。

日本抗加齢協会第5回学術フォーラム
会 長 山岸 昌一
https://www.ko-karei.com/forum/

日本内科学会 第670回関東地方会

Date:2021年7月11日11:59 PM Category:

日本内科学会第670回関東地方で下記演題を発表しました。

 

バセドウ病再燃を契機にケトーシスに至った1型糖尿病の1例

〇白神佳枝、広村宗範、小原信、福井智康、山岸昌一

 

発表お疲れさまでした。

1 / 612345...最後 »
ページトップに戻る