お知らせ
医局WEB説明会開催

2016年米国糖尿病学会@ニューオーリンズ

Date:2016年6月30日7:26 PM

IMG_4759[1]IMG_4774[1]IMG_4768[1]

DSC01263a

2016年6月10日~14日にニューオーリンズで開催された第76回アメリカ糖尿病学会に参加してきました。

今年は昨年の欧州糖尿病学会に引き続き、非常にインパクトのある臨床試験、LEADER試験の発表があり非常に盛況でした。

昨年のボストンに引き続き当科では、下記の5台の演題発表を無事終えました。

九島先生:

Glucose-dependent Insulinotropic Polypeptides Suppresses Neointinal Hyperplasia after Arterial Injury in an Experimental Model

広村先生:

Suppressive Effects of Glucose-dependent Insulinotropic Polypeptide on Cardiac Hypertrophy and Fibrosis in Angioteinsin Ⅱ-infused Mouse

小原先生:

“Intra-day” and “Day-to Day” Glucose Variability Both Increase Oxidative Stress Determined by d-ROMs in Type 2 Diabetes:A Cross-Sectional Study

森先生:

Glargine and Detemir Do Not Increase Tumour Incidence or Multiplicity Compared with Unmodified Insulin in a Carcinogen-induced Rat Model of Breast Cancer

林先生:

Dapagliflozin Increases Large, Buoyant LDL but Reduces Small, Dence LDL in Patients with Type 2 Diabetes: Comparison with Sitagliptin

来年の米国糖尿病学会はサンディエゴで行われるとのことであり、継続して世界に発信できるように研究を進めてまいります。

 

ページトップに戻る