お知らせ

医局情報

新入局員メッセージ

Date:2022年4月28日8:00 PM Category:

4月より新しく2名の先生が入局されました。

お2人からのメッセージです。

音山 友里恵 先生

私が当科に入局して良かったと思う点は、指導体制がしっかりとしている点です。
入局したての今、右も左も分からないことだらけであり、怒涛のように毎日が過ぎていきます。
しかし、上級医の先生方が常に気にかけて下さるため、 不安な点やわからない点もすぐに解決でき、次の診療へと繋げることができます。
また、内科に進むにあたり、ネックとなっているのがJ-OSLERだと思います。
当科では普段の業務のみならず、J-OSLERのサポート体制も整っているため、その点も心配いりません。
少しでも当科に興味のある方は、一度見学に来て下さい。一緒にお話ししましょう。
お待ちしております。

 

 

神戸 理紗 先生

母校である昭和大学の医局の温かい雰囲気に魅力を感じ入局致しました。
始めは新しい環境に緊張することもありましたが、上級医の先生方の手厚い指導のもと、糖尿病、内分泌分野の多岐にわたる疾患を担当させて頂き大変勉強になる日々を過ごしております。そんな恵まれた環境の中で内科医として成長できるよう精一杯精進して参りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

八島先生が学位を取得し上條賞を受賞しました

Date:2022年3月30日7:00 AM Category:

                                                                        

 

2022年3月25日に開催された昭和大学大学院修了式において当科スタッフの八島広典医師が学位を取得しました。さらに在学中に学業・人物ともに優秀であった修了生に送られる上條賞(大学院)を受賞されました。

おめでとうございます!

森准教授が日本抗加齢協会第5回学術フォーラムでYIAを受賞しました。

Date:2021年12月18日7:00 AM Category:

当科の森雄作准教授が日本抗加齢協会第5回学術フォーラム(同時共催:脳血管抗加齢研究会共催第17回学術大会)でYIAを受賞しました。

おめでとうございます!

https://www.ko-karei.com/forum/

 

昭和大学プレスルームにも掲載されております。

https://www.showa-u.ac.jp/news/nid00003939.html

 

老化物質AGEが蓄積している人は転んで骨折しやすく、よく笑う人は老化物質AGEの蓄積が抑えられる

Date:2021年12月9日7:00 AM Category:

昭和大学(東京都品川区/学長:久光正)の山岸昌一教授(医学部内科学講座糖尿病・代謝・内分泌内科学部門)は、久留米大学医学部との共同研究により、一般住民健診において、老化物質AGE(終末糖化産物)が蓄積している人は転んで骨折しやすく、よく笑う人は老化物質AGEの蓄積が抑えられていることを世界で初めて明らかにしました。本研究成果は、論文引用頻度の極めて高い国際学術誌『Rejuvenation Research』に掲載されました。

 

■論文タイトル・著者情報
雑誌名:Rejuvenation Research (Impact factor: 4.663)
論文名:Increased urinary levels of pentosidine measured by a newly developed ELISA are independently correlated with fracture after fall

Nobuhiro Tahara, Atsuko Tahara, Shoko Maeda, Hanae Yoshimura, Munehisa Bekki, Yoichi Sugiyama, Akihiro Honda, Sachiyo Igata,Yuri Nishino, Takanori Matsui, Ako Fukami, Mika Enomoto,Hisashi Adachi, Yoshihiro Fukumoto, Sho-ichi Yamagishi

 

詳細は下記よりご覧いただけます

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34846174/

 

大学プレスセンターに紹介されております。

https://www.u-presscenter.jp/article/post-47232.html

https://www.showa-u.ac.jp/news/nid00003812.html

1 / 41234
ページトップに戻る