お知らせ

第59回日本糖尿病学会関東甲信越地方会

Date:2022年1月22日5:30 PM Category:

第59回日本糖尿病学会関東甲信越地方会(会期:2022年1月22日、横浜)がweb開催され、下記演題を発表しました。

 

糖尿病患者のグルカゴン測定の意義(シンポジウム)

〇福井智康、阿比留教生、山岸昌一

 

糖尿病治療自己中断により高血糖を契機に発症した糖尿病性舞踏病の一例

〇大坂直也、九島秀樹、小川舞帆、藤川大輝、広村宗範、寺崎道重、小原信、森雄作、福井智康、山岸昌一

 

DPP4阻害薬の内服を契機に発症したRS3PE症候群の一例

〇小川舞帆、広村宗範、陶山友里恵、小澤秀太郎、小原信、森雄作、福井智康、山岸昌一

 

アテゾリズマブ投与後に劇症1型糖尿病を発症した一例

〇江波戸彩乃、須田博之、佐藤恵、平田清貴、吉本芽生、斎藤聡子、大沼裕

 

発表者の方々お疲れさまでした。

 

 

 

広村講師の論文が掲載されました。

Date:2022年1月17日7:00 AM Category:

当科の広村講師と森准教授の論文がDiabetes and vascular disease researchに掲載されました。

Glucose-dependent insulinotropic polypeptide inhibits cardiac hypertrophy and fibrosis in diabetic mice via suppression of  TGF-β2.

Hiromura M, Mori Y, Terasaki M, Kushima H, Saito T, Osaka N, Yashima H, Ohara M, Fukui T, Matsui T, Yamagishi S-i.

詳細は下記よりご覧いただけます

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35012372/

新年あけましておめでとうございます

Date:2022年1月1日9:00 AM Category:

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。

 

今年も感染対策が必要になる可能性が高いですが、

そのような中でも、臨床・研究・教育の3本柱を礎に、より良い医療を提供できるよう患者様のために若い後輩のためにスタッフ一同精進してまいります。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

糖尿病代謝内分泌内科スタッフ一同

森准教授が日本抗加齢協会第5回学術フォーラムでYIAを受賞しました。

Date:2021年12月18日7:00 AM Category:

当科の森雄作准教授が日本抗加齢協会第5回学術フォーラム(同時共催:脳血管抗加齢研究会共催第17回学術大会)でYIAを受賞しました。

おめでとうございます!

https://www.ko-karei.com/forum/

 

昭和大学プレスルームにも掲載されております。

https://www.showa-u.ac.jp/news/nid00003939.html

 

2 / 2312345...1020...最後 »
ページトップに戻る