お知らせ

11月14日 世界糖尿病デーイベントを開催しました

Date:2019年11月14日11:59 PM

11月14日は世界糖尿病デーです。

昭和大学東病院でも糖尿病イベントを行いました。山岸教授の専門分野であるAGEと糖尿病の関連に焦点を当てて、毎年恒例となっているポスター展示、特別糖尿病教室、簡易血糖及びHbA1c測定に加えてAGE readerを用いて糖化年齢を測定致しました。

 

 

詳細は下記からご覧になれます

http://www.showa-u.ac.jp/SUHE/news/2019/20191120_000.html

来年も開催される予定ですので是非足をお運びください。

 

医局旅行 in 湯河原

Date:2019年11月10日11:59 PM


2019年11月9日ー10日、1泊2日の医局旅行が開催されました。今年の旅行先は湯河原温泉です。

高橋先生・陶山先生・江波戸先生が余興で盛り上げました。

今年は2日目は熱海でバーベキューです。朝に釣り組が釣ってきた魚を藤川先生が料理しました。

名幹事の藤川先生・大坂先生

来年入局予定の研修医も参加したり、和気あいあいとした雰囲気で大変盛り上がった医局旅行となりました。

来年の医局旅行はどこになるのでしょうか

森講師の論文がアクセプトされました

Date:2019年11月5日11:59 PM

当科スタッフ森雄作講師の論文がCardiovascular Diabetologyに掲載されました。

Luseogliflozin attenuates neointimal hyperplasia after wire injury in high-fat diet-fed mice via inhibition of perivascular adipose tissue remodeling

○Mori Y, Terasaki M, Hiromura M, Saito T, Kushima H, Koshibu M, Osaka N, Ohara M, Fukui T, Ohtaki H, Tsutomu H, Yamagishi SI

 

下記よりご覧戴けます。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31672147

小原講師の論文がアクセプトされました

Date:2019年11月5日11:58 PM

当科スタッフ小原信講師の論文がDiabetes Research and  Clinical Practiceに掲載されました。

Relationship between glucose variability evaluated by continuous glucose monitoring and clinical factors, including glucagon-stimulated insulin secretion in patients with type 2 diabetes

○Ohara M, Hiromura M, Nagaike H, Kohata Y, Fujikawa T, Goto S, Sato N, Kushima H, Terasaki M, Yamamoto T, Mori Y, Hayashi T, Fukui T, Yamagishi SI, Hirano T.

 

下記よりご覧戴けます。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31672500

EASD2019 in バルセロナ

Date:2019年10月2日11:59 PM

2019年9月16日ー20日、バルセロナで開催された第55回欧州糖尿病学会(EASD)に参加してきました。

当施設からは4演題採択され発表してきました。

A sodium-glucose cotranspoter-2 inhibitor suppresses arterial remodelling by improving perivascular fat deposition in high-fat-fed mice.

〇Y Mori, M Terasaki, M Hiromura, H Kushima, T Saito, M Koshibu, H Yashima, H Gima, M Ohara, T Fukui, T Hirano.

 

Increasing the cellular populations that secrete incretins improves glucose homeostasis.

〇M Terasaki, Lianhe Chu, Romain Teinturier , Charllote Mattsson, Ka-Cheuk Liu, Qia Zhou, Tsutomu Hirano, Olov Andersson.

 

Glucose-dependent insulinotropic polypeptide ameliorates cardiac hypertrophy and fibrosis in diabetic db/db mice.

M Hiromura, Y Mori, T Saito, H Kushima, M Terasaki, K Kohashi, M Koshibu, K Sato, R Shirai, M Ohara, T Fukui, T Watanabe, T Hirano.

 

Glucose-dependent insulinotropic peptide remarkably suppresses macrophage foam cell formation in mice and humans.

〇H Yashima, M Terasaki, T Saito, Y Mori, M Hiromura, H Kushima, M Koshibu, M Ohara, T Fukui, Y Seino, Y Yamada, T Hirano.

 

 

 

 

 

大規模臨床研究ではDAPA-HF、VERIFY、CAROLINA試験が発表されました。

来年のEASDはオーストリアウィーンで開催されます。皆さまお疲れ様でした。

2 / 1212345...10...最後 »
ページトップに戻る